株式会社ADワークスグループ

IRポリシー

当サイトのIRポリシーについて

掲載されているIR情報のご利用にあたって

  • 当ウェブサイトに掲載しているIR情報は、(株)ADワークスグループ(以下、当社)の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。
    また、当ウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。
    実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。

情報開示の基本方針

  • 当社は、株主・投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に、適時、的確な情報提供に努めます。金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社に対する理解促進に有効と思われる情報につきましても、できる限り積極的な情報開示に努めます。

将来の見通しについて

  • 当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する記述が含まれていることがあります。それら将来の見通しに関する情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営陣が合理的であると判断したものであり、様々なリスクや不確実性を含んでおります。
    従いまして、経済情勢や経営環境の変化など様々な要素により、実際の業績と大きく異なる可能性があることにご留意ください。

情報開示の方法

  • 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)への登録により公表しております。この他、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨に則り、正確かつ公平に投資家の皆様に伝達されるよう努めます。
    また、公表した情報については、原則として、公表後速やかに当社IRサイト「IR情報」ページに掲載することとしております。

IR沈黙期間の設定

  • 当社は、重要な会社情報(決算情報を含む)の漏洩防止の徹底と公平性確保のため、原則として、「決算期日から決算発表日まで」の一定期間を沈黙期間(クワイエットピリオド)とし、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えております。
    ただし、当該期間中であっても、株主・投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合はこの限りではありません。